第48回J-POP祭ライブレポート

2021年5月22日(土)に行われた
第48回J-POP祭
~ 窓枠からきゅんです! ~
ライブレポートです

コロナウィルスの感染状況がまた悪化してきた中で、なんとか5組のバンドさんが出演してくれました。
前回に引き続き生配信も行いました。

① 浜松MusicBase
トップバッターで勢いのある曲だったのでスタートにピッタリでした
メンバーが変わったり、パートが変わったりと1つのグループではあったものの複数のグループのパフォーマンスを見ている様な気になりました
ボーカルが変わると雰囲気が全然違って斬新なステージでした。

<セットリスト>
1. Thrill, Risk, Heartless / LiSA
2. 栞 / クリープハイプ
3. スワロウ / サイダーガール
4. LINK / L’Arc~en~Ciel
5. 打上花火 / DAOKO × 米津玄師

② メイドインヘブン
メンバー一人一人の個性が濃いめでしたが演奏はキッチリ、演奏中と曲間の温度差が笑えました。
まだ結成1年目ということだったのでこれからに期待です。
激しめの曲が多くて見ていて熱くなりました!

<セットリスト>
1. YORO / BAND-MAID
2. FREEDOM / BAND-MAID
3. the non-fiction days / BAND-MAID
4. Before Yesterday / BAND-MAID
5. DICE / BAND-MAID

③ Yu☆Rei
さすが演奏に余裕がにじみ出てました。
演奏する側も楽しんでやっている感じが伝わってきました。
クオリティが高く自分もこんなに上手くなりたいと思わせてくれるような演奏でした。
ステージに立つ人が楽しんでやるってすごく大切で、そのためにはただ楽しければいいのではなく、高いクオリティがあって見ている人、聴いている人も楽しめるのかなと感じました。


<セットリスト>
1. IGNITE / 藍井エイル
2. 流星 / 藍井エイル
3. 虹の音 / 藍井エイル
4. INNOCENCE / 藍井エイル
5. ツナガルオモイ / 藍井エイル

④ R&K
ボーカルのリサさんが初めてステージでしたが、最後まで歌い切れてよかったです。
今後もステージに立つことがあればもっと幅が広がるのかなと感じました。
色んなジャンルの曲があってあまりないセットリストと思いました。


<セットリスト>
1. 1,000,000 TIMES / MY FIRST STORY feat. chelly (EGOIST)
2. Girl A / [Alexandros]
3. たぶん / YOASOBI
4. BANDAGE / 赤西仁(LANDS)
5. Stand Out Fit In / ONE OK ROCK

⑤ 五百や商事
MC力で会場の空気をつかんでいました。
ゆるい感じのライブがすごいです。
色んな事情で急遽バンド編成をアコースティックに変えて対応したくれましたがが、結果とてもステキな仕上がりになったのではと感じました。
続きが気になるMC、次も期待です!


<セットリスト>
1. GLAMOROUS SKY / 中島美嘉
2. Raspberry / TRICERATOPS
3. 二人セゾン / 欅坂46
4. NIPPON / 椎名林檎
5. Melodic Storm / ストレイテナー

今回の感想は前回NARIで出演してくれたしゅんろー君が書いてくれました。
当日も色々とお手伝いありがとうございました。

 

第47回ライブレポート

2020年12月5日(土)に行われた
第47回J-POP祭
~ 全集中 J-POPの呼吸 壱ノ型 コロナ斬り! ~
ライブレポートです

長引くコロナ禍の中でバンド練習もままならないときですが、3組のバンドさんが出演してくれました。
前回に引き続き生配信で複数カメラにもチャレンジしました。

① Tail wind
初めて出演していただいたTail windさん。
ボーカルさんの伸びやかでパワフルな歌をバックがしっかり支えている、カッコ良いステージでした!

<セットリスト>
1. RUN! RUN! RUN! / 大槻マキ
2. じゃあ、何故 / 阿部真央
3. 君が思い出になる前に / スピッツ
4. マリーゴールド / あいみょん
5. アジアの純真 / PUFFY
6. ソラニン / 宮崎あおい

② NARI
今回はボーカルさんをメンバーチェンジして、2回目の出演のNARIさん。
ボーカルさんの世界観と厚みのあるサウンドで会場中をとりこにしていました!

<セットリスト>
1. 曇天 / DOES
2. バクチダンサー / DOES
3. ロックンロールイズノットデッド / サンボマスター
4. Funny Bunny / the pillows
5. 修羅 / DOES
6. ラブソング / サンボマスター

③ ZERO
すっかりJ-POP祭の常連となったZEROさん
いつもどおりの全力パフォーマンスと演奏力で熱いライブを見せてくれました。


<セットリスト>
1. BURN / B’z
2. 今宵月の見える丘に / B’z
3. LOVE PHANTOM / B’z
4. HINOTORI / B’z
5. 兵、走る / B’z
E.C. Still Alive / B’z

 

第46回J-POP祭ライブレポート

2020年9月5日(土)に行われた
第46回J-POP祭
~ So, Shall we distance? ~
ライブレポートです

今回はコロナ禍の中で開催も危ぶまれた中、4組のバンドさんが出演してくれました。
生配信という新しい試みも好評でした!

① Λrp Λge
今回は新たに女性メンバーを迎え、一段とパワーアップして帰ってきました。
もう1曲目からやられましたね。
衣装にそろえたマスクもYMOらしさがあって良かったです。

<セットリスト>
1. BEHIND THE MASK / Yellow Magic Orchestra
2. RYDEEN / Yellow Magic Orchestra
3. SOLID STATE SURVIVOR / Yellow Magic Orchestra
4. TECHNOPOLIS / Yellow Magic Orchestra
5. 東風 / Yellow Magic Orchestra

② The overalls
初出演のアコースティックユニットです。
ちょっとレトロな雰囲気のある昭和の唄をやってくれました。
ほのぼのしますね!

<セットリスト>
1. 太陽にほえろのテーマ/ 井上堯之バンド
2. 東京ブギウギ / 美空ひばり
3. 憧れのハワイ航路 / 岡晴夫
4. この広い野原いっぱい / 森山良子
5. バラが咲いた / マイク真木
6. 天使の誘惑 / 黛ジュン

③ Supertry
昨年に引き続き2度目の出演です。
相変わらずツインボーカルのお二人はキュートで元気なパフォーマンスで盛り上げてくれました!


<セットリスト>
1. Bi-Li-Li Emotion / Superfly
2. Force / Superfly
3. 愛をこめて花束を / Superfly
4. Roll Over the Rainbow / Superfly
5. マニフェスト / Superfly
6. See You / Superfly
7. 99 / Superfly

 

④ MMR
のっけから旬な曲を連発!お客さんを鷲掴みしました。
今回はコロナ禍のため出演できないメンバーがいて、サポートメンバーが多かったようですが、それでもMMRはMMRでした!

<セットリスト>
1. 紅蓮華 / LiSA
2. Pretender / Official髭男dism
3. アイノカタチ / MISIA
4. ki-mi-ni-mu-chu / EXILE
5. follow me / E-girls
E.C. どんなときも / 槇原敬之

第44回J-POP祭ライブレポート

2019年9月7日(土)に行われた
第44回J-POP祭
~ J-POPぶっかましてぇ今日この頃の俺だぁ ~
ライブレポートです

今回は7バンドでの開催でしたが、どのバンドさんも素晴らしくて、とっても「濃い」回になりました!

① Λrp Λge
J-POP祭初のテクノポップ!よくぞYMOをやってくれました!YMO世代にはたまらない代表曲ばかり。
凝りに凝った演奏も素晴らしかったし、衣装もYMOの感じで見応え、聴きごたえ十分でした。
終わったあとの会場は絶賛の嵐でした(^o^)丿

<セットリスト>
1. RYDEEN / Yellow Magic Orchestra
2. SOLID STATE SURVIVOR / Yellow Magic Orchestra
3. 東風 / Yellow Magic Orchestra
4. 中国女 / Yellow Magic Orchestra
5. TECHNOPOLIS / Yellow Magic Orchestra

② Supertry
県中部からの初出演のバンドさん。
J祭をとても楽しみにして下さったそうです!
骨太な演奏とツインボーカルの元気なパフォーマンスで盛り上げて、Superflyの名曲達を届けてくれました!


<セットリスト>
1. Bi-Li-Li Emotion / Superfly
2. Force / Superfly
3. ハロー・ハロー / Superfly
4. Beautiful / Superfly
5. マニフェスト / Superfly
6. Beep!! / Superfly
7. タマシイレボリューション / Superfly

③ One Chant Bull
J祭ではもうお馴染みの「ワンチャン」の皆さん。
出演する度にどんどんレベルアップしていて、聞いていてとても楽しいです!
途中ギターのトラブルがありましたが、最後まで盛り上げてくれたのは流石でした!

<セットリスト>
1. 自転車 / JUDY AND MARY
2. くじら12号 / JUDY AND MARY
3. Hello! Orange Sunshine / JUDY AND MARY
4. 小さな頃から / JUDY AND MARY
5. The Great Escape / JUDY AND MARY
6. Over Drive / JUDY AND MARY

④ NARI
ギターのやんしーさん中心となり、運命の出逢いで結成されたそうで、バンド愛に溢れたステージでした!
バンドはシンプルな構成ですが、厚みのある男気ロックを聞かせてくれました。
MCも面白かったなぁ~!

<セットリスト>
1. 新しい季節へキミと / エレファントカシマシ
2. 恋人よ / エレファントカシマシ
3. so many people / エレファントカシマシ
4. 悲しみの果て / エレファントカシマシ
5. 愛のために / 奥田民生

⑤ アリスの紅茶
メンバー全員が、生粋の「アニオタ」さん。
アニソンて演奏はもちろん、歌もとても難しいと思うのですが、そんな事は感じさせず、皆さんとても楽しそうにパフォーマンスしていました!
アニソンを知らないであろうお客さん達も、食い入るように見てましたね~。

<セットリスト>
1. LOUDER / Roselia
2. crossing field / LiSA
3. コネクト / ClariS
4. ライオン / May’n/中島愛
5. ストライク・ザ・ブラッド / 岸田教団&THE明星ロケッツ

⑥ 紅蓮
もうすっかりJ-POP祭の常連となった紅蓮さん。
今回は意外な渋い曲から始まったと思ったら、実は「ムード歌謡」がテーマということで全編渋いけど良い曲ばかりでした。
ついノリの良い曲を演りがちなところをじっくりと聴きごたえ満点の演奏で聞かせてくれました。
最後のキョンキョンも良かった♡

<セットリスト>
1. 東京/ 桑田佳祐
2. 色彩のブルース / Ego-Wrappin
3. 曼珠沙華 / 山口百恵
4. 聖母たちのララバイ / 岩崎宏美
5. 木枯らしに抱かれて / 小泉今日子

⑦ MMR
J-POP祭の代名詞MMRです。
のっけから楽しい曲でこのバンドの強みの女性コーラスがすごい。
そして珍しくカッコよい曲にもチャレンジして、あとは怒涛のご存知J-POPオンパレード!
最後は会場一体となってタオルを回して盛り上がりました。

<セットリスト>
1. 世界はあなたに笑いかけている / Little Glee Monster
2. Don’t / NakamuraEmi
3. lemon / 米津玄師
4. シュガーソングとビターステップ / UNISON SQUERE GARDEN
5. 星野源メドレー / 星野源
E.C. Follow Me / MMR

第43回J-POP祭ライブレポート

2019年5月25日(土)に行われた
第43回J-POP祭
~ J-POP聴きたい♪J-POP聴きたい♪令和でええわ ~
ライブレポートです

今回は1アーティスト専門コピーがなく、ほとんどオムニバスのコピーバンドというなかなかないライブでした!
どれもこれも「おいしい」曲ばかり!これぞJ-POP!という曲ばかりでした!
J-POP聴きたい♪J-POP聴きたい♪って来ていただいたお客様はとっても大満足だったのではないでしょうか?

① Honey Drops
♪ J-POP聴きたい×3♪みんなー!J-POP が聴きたいかー?!
この掛け声で、会場が一気に一つになりました!
実はメンバーさんの半分がバンド歴が浅く、フルライブも今回が初めて。
本番前はとても緊張されていましたが、トップバッターで盛り上げてくれました。

<セットリスト>
1. 空色デイズ / 中川翔子
2. Don’t say lazy / 放課後ティータイム
3. The Bravery / supercell
4. Determination Symphony / Roselia
5. God knows… / 涼宮ハルヒ

② 五百や商事Neo
静岡市から来て下さった、初出演の「いおや」さん。
会社(バンド)を立ち上げてから6年経つそうで、演奏は勿論の事、加えてお客さんを引き込む戦術(笑)が素晴らしい。
ポイントカードをゲットし
た方も多いのでは?
皆でライブに行ってポイントを貯めよう!


<セットリスト>
1. タイムマシンにお願い / サディスティックミカバンド
2. 今すぐkiss me / リンドバーグ
3. 2人セゾン / 欅坂46
4. ラズベリー / トライセラトップス
5. メロディックストーム / ストレイテナー

③ とぅけま☆
こちらも初出演のバンド。
難しい曲をサラッと演奏して、ボーカルさんをはじめ、メンバーさんも演奏もとても雰囲気がありました。
椎名林檎や東京事変でも「激しさ」より、「小洒落た」イメージですね。
会場全体が聴き入っていましたよ!

<セットリスト>
1. 正しい街 / 椎名林檎
2. トロイメライ / パスピエ
3. 最終電車 / パスピエ
4. すべりだい / 椎名林檎
5. 喧嘩上等 / 東京事変
6. 幸福論 / 椎名林檎
7. 透明人間 / 東京事変

④ そこそこ何でも屋
始めからエンジン全開で、お客さんをグイグイ引っ張ってくれました!
あれだけ動いて盛り上げて、それでも演奏はキッチリしていたのが本当にスゴいです!
またメンバーさん達は、出番以外でも終始楽しんで下さっていたので、こちらも嬉しくなりました。

<セットリスト>
1. リルラリルハ / 木村カエラ
2. サムライドライブ / cune
3. サムライハート / SPYAIR
4. オリオンをなぞる / UNISON SQUARE GARDEN
5. 君はロックを聴かない / あいみょん

⑤ FREE SPACE
ツインボーカルでしか聴けない、 J-POP の名曲達を聴かせてくれました!
ただ聴いているだけでは聴き逃してしまう程の小さな音や、音色にもこだわった、メンバーさん達の世界観が伝わるライブでしたね。
そして今回の出演バンドの中で、一番「王道J-POP」なセットリストだったと思います。

<セットリスト>
1. 世界中の誰よりきっと / 中山美穂 & WANDS
2. 星のかけらを探しに行こう / 福耳
3. 明日がくるなら / JUJU with JAY’ED
4. 夢であるように / DEEN
5. LA・LA・LA LOVESONG / 久保田利伸
6. EVER AFTER / 鬼塚ちひろ

⑥ ファンタジスタ
弟40回J-POP祭の時より、パフォーマンスも演奏もパワーアップしていました!
一曲目から大盛り上がり、前々前世~三種の神器メドレーまで、スピードのもテンションも落ちなかったですね~!
バラードで聴かせて、アンコールでは踊らせて、トリに相応しいとても楽しいライブでした。

<セットリスト>
1. FANTASISTA / Dragon Ash
2. 前前前世 / RADWIMPS
3. メドレー
やってみよう / WANIMA
Stay Gold / High Standard
あつまれパーティーピーポー / ヤバいTシャツ屋さん
4. Wherever you are / ONE OK ROCK
5. 見たこともない景色 / 菅田将暉
E.C. One Night Carnival / 氣志團

第42回J-POP祭ライブレポート

2018年12月1日(土)に行われた
第42回J-POP祭
~ カモン、ベイビー、J祭!窓枠に来たら見れる! ~
ライブレポートです

今年最後のJ-POP祭は年末拡大版の7バンドでお送りました!
しかも今回はJ-POPの美味しいところばかりで1回でこんなに楽しめるお得な回でしたね!

① TRF
J-POP祭の大御所が初のトップバッターを務めました!
今回はキーボードのごんちゃんがお休みでしたが、全く感じさせないいつもながらのパワフルなパフォーマンスでしたね。
お陰で初っ端から全開のJ-POP祭が始まりました!

<セットリスト>
1. 大阪ストラット / ウルフルズ
2. 夢 / ウルフルズ
3. ツギハギブギウギ / ウルフルズ
4. バンザイ / ウルフルズ
5. 愛がなくっちゃ / ウルフルズ
6. いい女 / ウルフルズ

② Monster.Children
そして続くは王道J-POP!Mr. Childrenです。
このバンドも完成度が高くて極上のパフォーマンスを見せてくれました!
2つ目なのにもう満足な感じ(笑)


<セットリスト>
1. himawari / Mr.Children
2. Any / Mr.Children
3. エソラ / Mr.Children
4. HANABI / Mr.Children
5. everybody goes – 秩序のない現代にドロップキック – / Mr.Children

③ One Chant Bull
J-POP祭でもすっかりお馴染みになったJUDY AND MARYのコピーバンド
今回は全員クリスマスな衣装でした。サンタ姿のボーカルさんが可愛いですね!
見るたびにパフォーマンスが上がってきてます。

<セットリスト>
1. そばかす/ JUDY AND MARY
2. BATHROOM / JUDY AND MARY
3. クリスマス / JUDY AND MARY
4. アネモネの恋 / JUDY AND MARY
5. Hello! Orange Sunshine / JUDY AND MARY
6. プラチナ / JUDY AND MARY
7. Over Drive / JUDY AND MARY

④ Breath of Air
初出場のsupercellコピーバンドです。
初ライブから3か月連続毎月ライブという驚異の活動の彼ら。
本家supercellが非常に激しい嵐という意味なので、僕らはそよ風(Breath of Air)程度なんて言ってましたが、いえいえ、激しい嵐でした!
ボーカルの衣装も素敵です。

<セットリスト>
1. 終わりへ向かう始まりの歌 / supercell
2. 君の知らない物語 / supercell
3. ヒーロー / supercell
4. ロックンロールなんですの / supercell
5. 星が瞬くこんな夜に / supercell
6. メルト / supercell

⑤ DCN
飛ばしてきたJ-POP祭もここで一息です。
もはや年末のJ-POP祭の常連、DCNを見ないと年が越せなくなってきました。
色んなJ-POPを極上のコーラスと澄み渡るアコースティックギターの音色で気持ち良く聞かせてくれました。

<セットリスト>
1. 君をのせて / 井上あずみ
2. 防人の詩 / さだまさし
3. Sweet Memories / 松田聖子
4. 蒼夜曲(セレナーデ) / 尾崎亜美
5. Time goes by / Every Little Thing

⑥ ドングリーバ
一息ついた後は、ノリノリJ-POP!いえ、J-ROCKですね!
ドラマーさんが変わってよりロックになって帰ってきました。
今回は中期ぐらいの曲も入っていてファンには嬉しいセットリストではないでしょうか。

<セットリスト>
1. 恋をしようよ Yeah! Yeah! / LINDBERG
2. きみの1番に / LINDBERG
3. GAMBAらなくちゃね / LINDBERG
4. きっと銀の針のような雨が / LINDBERG
5. BELIEVE IN LOVE / LINDBERG
6. 今すぐKiss Me / LINDBERG

⑦ K.E.Y
3年振りに出演のK.E.Y。
初のトリをやって頂きましたが、それにふさわしい圧巻のパフォーマンス!
ギターパートをショルキーで再現するスタイルはいつもながらさすがです。
前回のZEROさんに引き続き本家B’zの30周年イヤーを盛り上げてくれました!

<セットリスト>
1. CHAMP / B’z
2. LOVE PHANTOM / B’z
3. NATIVE DANCE / B’z
4. イチブトゼンブ / B’z
5. Still Alive / B’z
E.C. Ultra Soul / B’z

第41回J-POP祭ライブレポート

2018年9月1日(土)に行われた
第41回J-POP祭
~ いろんなバンドがひょっこりするよ~! ~
ライブレポートです

今回はいつもに増して振り幅の大きいライブになりました!
ガールズバンドあり、2ピースのアコースティックユニットあり、いろんなバンドがひょっこりしましたね!
でも全部J-POPってのが楽しい(^O^)/

① BBQ PLATE
主婦3人によるガールズバンドでしたが、とてもパワフルでエネルギッシュなパフォーマンスでした!
おそろいのオリジナルTシャツで
主婦のたしなみとしてロック!いいですね!

<セットリスト>
1. さよならアイデンティティー / yonige
2. TRACE / WANIMA
3. アボカド / yonige
4. Re:make / ONE OK ROCK
5. やってみよう / WANIMA
6. あつまれ!パーティーピーポー / ヤバイTシャツ屋さん

② ハンバーグ
5人でちょっと変わった編成のアコースティックバンドです。
懐かしのJ-POPを楽しんで余裕で演奏していて凄くハイクオリティのパフォーマンスでした。
エプロンはハンバーグ屋さんの店員さんをイメージしたそうで。
ハンバ~~~~~~グ!!


<セットリスト>
1. サマーナイトタウン / モーニング娘。
2. BODY & SOUL / SPEED
3. 君は薔薇より美しい / 布施明
4. タイミング / ブラックビスケッツ
5. ひとつだけ / 矢野顕子、忌野清志郎
6. 星のかけらを探しに行こう Again / 福耳

③ 紅蓮
コチラは本編初出場です。
昭和歌謡の名曲オンパレードでした。そして再現クオリティも素晴らしい!
オジサン、オバサンは感涙です(*´▽`*)

<セットリスト>
1. WOMAN / アン・ルイス
2. イミテーション・ゴールド / 山口百恵
3. ルビーの指輪 / 寺尾聰
4. 色彩のブルース / EGO-WRAPPIN’
5. ダイシング・オールナイト / もんた&ブラザーズ

④ In Your Wonder World
ボーカルとギターのたった二人のアコースティックユニットです。しかも若い(笑)
でも、ベテラン達には負けないとても2人とは思えない迫力でした。

<セットリスト>
1. 真赤 / My Hair is Bad
2. 丸の内サディスティック / 椎名林檎
3. Cry out / ONE OK ROCK
4. 憂、燦々 / クリープハイプ
5. しるし / Mr. Children

⑤ ZERO
本家B’zが30周年ということで、名曲オンパレードのライブでした。
一曲目がいきなりガツンと来て、もうそこから会場は大盛り上がり!
いつもながらボーカルさんのステージパフォーマンスがカッコイイ!!

<セットリスト>
1. Ultra Soul / B’z
2. Liar! Liar! / B’z
3. Still Alive / B’z
4. さまよえる蒼い弾丸 / B’z
5. LOVE PHANTOM / B’z
6. Pleasure 2008 / B’z

⑥ MMR
そしてトリはJ-POP祭の大御所MMRです。王道中の王道J-POPで楽しい!
今回はJ-POP界の巨塔安室奈美恵さんの引退に合わせての選曲も入りました。
最後は会場一体となってタオルブンブンです(^^)/~~

<セットリスト>
1. 大阪LOVER / Dream Comes True
2. Can You Celebrate? / 安室奈美恵
3. Lemon / 米津玄師
4. Ki・mi・ni・mu・chu / EXILE
5. じょいふる / いきものがかり
E.C. キラキラ武士 / レキシ

第40回J-POP祭ライブレポート

4月28日に第40回J-POP祭が開催されました。
今回も周年祭ということで、恒例のシャッフルバンド企画でした!
今回はバルーンアーチを作ってみました!

当日の準備中に誰かが言ってましたが、まさに「大人の文化祭」です!

①未亡人 with t
トップバッターは女性ポップスをフィーチャーしたバンド!
いきなりの仮装?で何かなと思ったらそういうことでしたか。

<セットリスト>

  1. CHE.R.RY / YUI
  2. 異邦人 / TAK MATSUMOTO featuring ZARD
  3. EZ DO DANCE / TRF

②ファンタジスタ
2番手は男性ロックがテーマのバンド
リハの前から宴会モードでしたが、本番も盛り上がりました!

  1. 前前前世 / RADWIMPS
  2. (メドレー)
    天体観測 / BUMP OF CHICKEN
    ~やってみよう / WANIMA
    ~Stay Gold / High Standard
    ~あつまれパーティーピーポー / ヤバいTシャツ屋さん
  3. Wherever You Are / ONE OK ROCK

③LOVE♡LOVE大作戦
そして男性ポップスがテーマのバンド
と思ったらどうやら劇団だったようです。

  1. それが大事 / 大事MANブラザーズバンド
  2. スターゲイザー / スピッツ
  3. 愛をとりもどせ! / クリスタルキング

④UNAGI
なんとJ-POP祭初の完全ガールズバンド!
登場するや会場が色めき立って一斉にカメラを向けてました(笑)

  1. Steady / SPEED
  2. Swallowtail Butterfly ~あいのうた~ / Chara
  3. 負けないで / ZARD

⑤ダム子とダム男のムダな恋
次のJ-POP世代を担う若き獅子たち!
PE’Zのコピーです。

  1. Let it go / PE’Z
  2. I’M A SLUGGER / PE’Z
  3. 人が夢を見るといふ事~Black Skyline~ / PE’Z
  4. Hale no sola sita ~LA YELLOW SAMBA~ / PE’Z

⑥ウユ ジュセヨ チュルン クルスミダ
いちおうR&Bがテーマでしたが。。。

  1. LOVE IS OVER / 欧陽菲菲
  2. 怒りをくれよ / GLIM SPANKY
  3. ノンフィクション / 平井堅

⑦Sugar boy & lovers
最後は王道J-POPがテーマのバンド
華やかでしたね~

アンコールでは粘り強い交渉の結果、あの大物アーティストが3人も!

  1. 笑顔 / いきものがかり
  2. 淋しい熱帯魚 / Wink
  3. ズッコケ男道 / 関ジャニ∞
  4. (E.C.) Do’nt wanna cry / 安室奈美恵

みんなすっかり楽しんだ一日だったようで大成功と言ってもいいのではないでしょうか?
最後に実行委員として、練習から当日の準備、本番まで協力してもらった出演者の皆さん、見に来てくださったお客様、おバカなお祭り騒ぎにいつも付き合ってくださる窓枠のスタッフの皆さまに本当に感謝したいと思います。
ありがとうございました。

第39回J-POP祭ライブレポート

2017年12月2日(土)に行われた
第39回J-POP祭
~ サンキューフォーザミュージック、39フォーザJ-POP ~
ライブレポートです
ついにJ-POP祭も39回!ここまで続けてこれたのはご出演されたバンドの皆様のおかげです。
① そこそこ何でも屋
そこそこ何でもやってくれました(笑)
初出演ですが、みなさんとても上手で、ドラマーさんが歌いながら叩く姿がカッコよく印象的でした。
ギターさんもバッチリ決まってると思ったらなんと初ライブだそう[emoji:v-12]
IMG_6037 (500x333)
<セットリスト>
1. GLAMOROUS SKY / NANA staring MIKA NAKASHIMA
2. ORDER / BAND-MAID
3. Memories / 大槻真希
4. エレクトリック パブリック / ポルカドットスティングレイ
5. alone / BAND-MAID

② Monster.Children
J-POPの王道、どの曲も知ってるご存知ミスチルです!
かなりハイクオリティな演奏でお客さんを虜にしてましたね!
IMG_6142 (500x333)
<セットリスト>
1. エリラ / Mr.Children
2. ニシエヒガシエ / Mr.Children
3. しるし / Mr.Children
4. HANABI / Mr.Children
5. everybody goes / Mr.Children

③ One Chant Bull
みんな大好きJUDY AND MARY(*^▽^*)
90年代世代にはハマりまくりです!ボーカルさんもキュートでとてもいいバンドです!
IMG_7316 (500x333)
<セットリスト>
1. くじら12号 / JUDY AND MARY
2. Hello! Orange Shunshine / JUDY AND MARY
3. クリスマス / JUDY AND MARY
4. 小さな頃から / JUDY AND MARY
5. クラッシック / JUDY AND MARY
6. Over Drive / JUDY AND MARY
7. motto / JUDY AND MARY

④ DCN
もはや冬のJ-POP祭の風物詩となったDCN。
前回から女性ゲストボーカルを迎え華やかになりました。
4人のコーラスワークはズルい!の一言です[emoji:v-403]
IMG_6252 (500x333)
<セットリスト>
1. SAKURA / いきものがかり
2. サクラ / ケツメイシ
3. 待つわ / あみん
4. 夢で逢えたら / DEEN & 原田知世
5. 木蓮の涙 / スターダストレビュー

⑤ 紅色ジャッキ
大人気の椎名林檎、東京事変です。
ボーカルさんの真っ赤な衣装がとてもステキで、それに合わせた真っ赤な旗をお客さんに配って会場を盛り上がげてくれました!
PC020118 (500x375)
<セットリスト>
1. リモートコントローラー / 椎名林檎
2. 落日 / 東京事変
3. シドと白昼夢 / 椎名林檎
4. 閃光少女 / 東京事変
5. キラーチューン / 東京事変
6. スーパースター / 東京事変

⑥ TRF
J-POP祭の大御所TRFです。いつもながら安定の演奏にパワフルなボーカル!
サブタイトルのサンキューフォーザミュージックはまさにウルフルズのために。
ほんとは偶然です。
IMG_6335 (500x333)
<セットリスト>
1. ガッツだぜ / ウルフルズ
2. それが答えだ / ウルフルズ
3. まかせなさい / ウルフルズ
4. あばれだす / ウルフルズ
5. 情熱 A Go-Go / ウルフルズ
6. サンキュー・フォー・ザ・ミュージック / ウルフルズ
E.C. いい女 / ウルフルズ

第38回J-POP祭ライブレポート

2017年8月5日(土)に行われた
第38回J-POP祭
~ ・・・探さない。窓枠で待つの♥ ~
ライブレポートです
今回はいつもより少ない5バンドの開催でしたが、中身はたっぷり詰まったライブでした!
① Naked Color
本家のロゴを模したお揃いのTシャツで、レベッカ愛を感じました。
演奏はもちろん、実行委員の無茶ぶりのブルゾンネタでも盛り上げてくれました。
jpop38th_0111 (500x333)
<セットリスト>
1. フレンズ / REBECCA
2. SUPER GIRL / REBECCA
3. MOON / REBECCA
4. RASPBERRY DREAM / REBECCA
5. プライベイト・ヒロイン / REBECCA

② ブラックアロワナ
有名な曲からアニソンまで、ブラックアロワナテイストにアレンジされていて、唯一無二のライブを楽しませてもらいました。
jpop38th_0166 (500x354)
<セットリスト>
1. 残酷な天使のテーゼ / 高橋洋子
2. 夢見る少女じゃいられない / 相川七瀬
3. 夢を信じて / 徳永英明
4. 夏にマフラー / aiko
5. 純情 / 家入レオ
6. 魂のルフラン / 高橋洋子

③ くじらぐも
難しいクラムボンを、カッコ良く魅せてくれました。
MC代わりのソロコーナーも、本当に素晴らしかったです。
jpop38th_0183 (500x304)
<セットリスト>
1. サラウンド / クラムボン
2. はなさくいろは / クラムボン
3. はなれ ばなれ / クラムボン
4. パンと蜜をめしあがれ / クラムボン
5. yet / クラムボン

④ Mind of Evil
演奏もパフォーマンスも激しくてカッコ良くて、大人から子供まで、大勢のお客さんを巻き込んで盛り上げてくれました。
jpop38th_0227 (500x351)
<セットリスト>
1. KiLLiNG ME / SiM
2. Amy / SiM
3. I Hate U/ SiM
4. Same Sky / SiM
5. Blah Blah Blah / SiM
6. WHO’S NEXT / SiM
7. f.a.i.t.h / SiM

⑤ Coquettish Pink
同期演奏を駆使した、新しいライブの形を見せてくれました。
コケピの作る世界観を、堪能させてもらいました。
jpop38th_0257 (500x367)
<セットリスト>
1. サカナ / 椎名林檎
2. 浴室 / 椎名林檎
3. 本能 / 椎名林檎
4. 茜さす帰路照らされて / 椎名林檎
5. モルヒネ / 椎名林檎
6. 依存症 / 椎名林檎
E.C. ここでキスして。 / 椎名林檎