第23回J-POP祭ライブレポート

2012年12月1日(土)に行われた
第23回J-POP祭
~夢と魔法のポップでロックなX’mas☆ファンタジー~

ライブレポートです
今回もオリジナルステッカー第3弾を作りました[emoji:v-363]
今回は2枚組![emoji:v-364]限定30枚。おかげさまで完売しました[emoji:v-290]
① アルマジロ
聖飢魔Ⅱファンにはツボの選曲。初ライブとは思えない堂々とした演奏でした[emoji:v-360]。
IMG_5131 (500x333)
IMG_5132 (250x167)IMG_5153 (250x167)
<セットリスト>
1.創世記 / 聖飢魔Ⅱ
2.THE END OF CENTURY / 聖飢魔Ⅱ
3.STAINLESS NIGHT / 聖飢魔Ⅱ
4.魔界舞曲 / 聖飢魔Ⅱ
5.BAD AGAIN / 聖飢魔Ⅱ
6.1999 secret object / 聖飢魔Ⅱ
7.FIRE AFTER FIRE / 聖飢魔Ⅱ

② 85’s MY LIFE
さわやかなロックが心地よい「the pillows」が伝わるステージでした[emoji:e-291]
IMG_5167 (500x333)
IMG_5165 (250x167)IMG_5176 (250x167)
<セットリスト>
1.その未来は今 / the pillows
2.Funny Bunny / the pillows
3.サードアイ / the pillows
4.ジョニー・ストロボ / the pillows
5.No Surrender / the pillows
6.Poison Rock’N’Roll / the pillows

③ 六本木珍獣
Hamamatsu Rock Summitからの刺客第2弾[emoji:v-362][emoji:v-364]。素晴らしいパフォーマンスとド迫力[emoji:v-41]のステージでした
IMG_5213 (500x333)
IMG_5231 (250x167)IMG_5234 (250x167)
<セットリスト>
1.ああ無情 / アンルイス
2.インプレッシャー / アンルイス
3.FINISH! / アンルイス
4.天使よ故郷を見よ / アンルイス
5.HONEY DRIPPER / アンルイス
6.六本木心中 / アンルイス

④ DCN
先ほどが「動」なら、こちらは「」。美しいハーモニー[emoji:e-343]が心に染み入りますね[emoji:v-352]
IMG_5257 (500x333)
IMG_5258 (250x167)IMG_5264 (250x167)
<セットリスト>
1.月光/ 大塚ちひろ
2.好きさ / 安全地帯
3.駅 / 竹内まりや
4.初恋 / 村下孝蔵
5.ここにしか咲かない花 / コブクロ

⑤ Colour’s Gang
サンタの衣装をまとっての華やかなステージ。女子パワー全開でお客さんを釘付け[emoji:v-363]
IMG_5292 (500x333)
IMG_5297 (250x167)IMG_5303 (250x167)
<セットリスト>
1.See You / Superfly
2.ふりぃ / 阿部真央
3.マイ・フレンド / ZARD
4.ONE NIGHT CARNIVAL / 氣志団
5.Rusty Nail / X-JAPAN

⑥ MMR
過去最多[emoji:v-362][emoji:v-364]と思えるメンバーの多さ[emoji:v-356]
この選曲がこのクオリティで出来ちゃうのがMMR。最後のアンコールは面白すぎ[emoji:v-363]
IMG_5433 (500x333)
IMG_5339 (250x167)IMG_5383 (250x167)
IMG_5381 (167x250)IMG_5376 (250x167)
<セットリスト>
1.WINTER SONG / DREAMS COME TRUE
2.笑ってたいんだ / いきものがかり
3.三日月 / 絢香
4.愛のメモリー / 松崎しげる
5.フライング・ゲット / AKB48
6.輝く月のように / Suprefly
E.C. ヘビーローテーション~Everyday,カチューシャ(メドレー) / AKB48

[emoji:v-255][emoji:v-255][emoji:v-255][emoji:v-255][emoji:v-255]
今回は12月とあってクリスマスを意識しましたが、ホントに色とりどりで、ポップでロックなライブでしたね[emoji:v-363]
みなさまにクリスマス[emoji:v-354]ファンタジーお届けできたでしょうか[emoji:v-361]
次回は4月後半ごろ開催予定です。お楽しみに~[emoji:v-290]

第22回J-POP祭ライブレポート

2012年8月4日(土)に行われた
第22回J-POP祭
~熱いライブで汗止まらねぇぜぇ、でも拭かねぇぜぇ!? ワイルドだろぉ~!~

ライブレポートです
前回に引き続き、調子にのってまたまたオリジナルステッカーを作りました
J-POP祭のバックドロップをモチーフにした七輪・ヨウタンのオリジナルデザイン。
今回は限定20枚の超レアグッズ、おかげさまで完売致しました。
ありがとうございました
① LLT(老化後ロスタイム)
初出場といいながらHamamatsu Rock Summitでは常連のベテランの方々。
J-POPということでいつもよりかなり抑えた感じでしたが、余裕の演奏
お揃いTシャツがさわやかでした
IMG_4413 (500x333)
IMG_4381 (250x167)IMG_4419 (250x167)
<セットリスト>
1.SINGING / 放課後ティータイム
2.私の恋はホッチキス / 放課後ティータイム
3.U&I / 放課後ティータイム
4.ごはんはおかず / 放課後ティータイム
5.ふわふわ時間 / 放課後ティータイム

② ワンオクバンド
大人気のONE OK ROCKです。
難しい曲もキッチリまとめて、さすが
IMG_4422 (500x333)
IMG_4439 (250x167)IMG_4453 (250x167)
<セットリスト>
1.Yes I am / ONE OK ROCK
2.アンサイズニア / ONE OK ROCK
3.自分ROCK / ONE OK ROCK
4.未完成交響曲 / ONE OK ROCK
5.Nobody’s Home / ONE OK ROCK
6.完全感覚Dreamer / ONE OK ROCK

③ 芋ロック
昭和歌謡のレトロな感じが最高でした。
ボーカルさんも初ライブながら肝の座った迫力パフォーマンスでした
IMG_4462 (500x333)
IMG_4487 (250x167)IMG_4456 (250x167)
<セットリスト>
1.リンゴの唄 / 並木路子
2.東京ブギウギ / 笠置シヅ子
3.恋のバカンス / ザ・ピーナッツ
4.真っ赤な太陽 / 美空ひばり
5.カチューシャ / チャラン・ポ・ランタン
6.あの鐘を鳴らすのはあなた / 和田アキ子
7.サザエさん一家 / 宇野ゆう子

④ GLADLOTS
男性Vo.のJ-POP王道曲メインのバンド
今回はちょっとワイルドな選曲でしたね
IMG_4496 (500x333)
IMG_4500 (250x167)IMG_4514 (250x167)
<セットリスト>
1.TOKYO / SADS
2.GLAMAROUS SKY / HYDE
3.蝋人形の館 / 聖飢魔Ⅱ
4.ALONE / B’z
5.BELOVED / GLAY
6.ピンクスパイダー / RIZE

⑤ IRYE
安定した演奏力の実力派バンド
Coccoの世界観そのまんま再現してます。[emoji:v-352]
IMG_4532 (500x333)
IMG_4527 (250x167)IMG_4542 (250x167)
<セットリスト>
1.けもの道 / Cocco
2.濡れた揺篭 / Cocco
3.十三夜 / Cocco
4.レイニング / Cocco
5.カウントダウン / Cocco
6.眠れる森の王子様 / Cocco

⑥ Dim.
言わずと知れたJ-POP祭の顔バンド
今回は新しめの昭和歌謡
そして最後は飛び入りダンサー
IMG_4563 (500x333)
IMG_4574 (250x167)IMG_4600 (250x167)
IMG_4627 (250x167)IMG_4631 (250x167)
<セットリスト>
1.シャイニン・オン 君が哀しい / LOOK
2.今すぐKiss Me / LINDBERG
3.すばらしい日々 / 矢野顕子
4.花火 / aiko
5.19 Growin’up / プリンセス・プリンセス
6.ヘビーローテーション / AKB48


ほんとにバラエティ豊かなラインナップで楽しかったですね
次回第23回J-POP祭でもまたまたオリジナルステッカー第3弾を発売します。
是非チェックしてくださいね。

第21回J-POP祭ライブレポート

2012年4月7日(土)に行われた
第21回J-POP祭
~ALL TOGETHER NOW! 春全開!! J祭レボリューション21~

ライブレポートです
おかげさまで開催20回を越えたという事で、今回は記念グッズとして、オリジナルステッカーを作りました
七輪・ヨウタンのオリジナルデザインで、第20回J祭のパンフレットの裏表紙にも描かれている、「おんぷちゃん」です
評判も上々で、完売致しました
ありがとうございました
そして当日は風が強く、寒さも逆戻りといった感じでしたが、大勢のお客様が来場して下さり、大盛り上がりのライブとなりました
①Lollipop Candy
バンド結成から、まだ二回目のライブでしたが、とてもまとまっていました
G・みうらくんは、「パイセン」MCで一躍有名人に(笑)
IMG_3430 (500x333)
IMGP3907 (250x166)IMG_3444 (250x167)
<セットリスト>
1. Magic Music / 木村カエラ
2, TREE CLIMBERS / 木村カエラ
3. dolphin / 木村カエラ
4. You bet!! / 木村カエラ
5. Level42 / 木村カエラ
6. happiness!! / 木村カエラ

②にっし~T
二度目の出演、貫禄の演奏でした
特にジュリー8曲(!)メドレーは凄かったです
IMG_3484 (500x333)
IMGP3965 (250x166)IMGP3971 (250x166)
<セットリスト>
1. 鉄爪(ひきがね) / 世良正則
2. 1/2の神話 / 大澤誉志幸
3. 古い日記 / 和田アキ子
4. ジュリー・メドレー
5. ロックンロール・ウィドウ / 山口百恵

③Sigh of Empress
J祭初出場で、緊張していると言っていましたが、全然そんな風には見えませんでした
イカのぬいぐるみがシュールでした(笑)
IMG_3487 (500x333)
IMGP3972 (250x166)IMG_3493 (250x167)
<セットリスト>
1. Rollin’ / 鬼束ちひろ
2. Hello Again / MY LITTLE LOVER
3. No, thank you / 放課後ティータイム
4. コネクト / ClariS
5. 負けないで / ZARD
6. 強く儚いものたち / Cocco

④少年時代
こちらもJ祭初出場なのに、4人中2人が体調不良に
どうなることかと思いましたが、そんな事は微塵も感じさせない、パワフルなステージでした
IMGP4029 (500x332)
IMGP4021 (250x166)IMGP4004 (250x166)
<セットリスト>
1. 花唄 / Greeeen
2. 君という花 / ASIAN KUNG-FU GENERATION
3. ムスタング / ASIAN KUNG-FU GENERATION
4. リライト / ASIAN KUNG-FU GENERATION
5. ループ&ループ / ASIAN KUNG-FU GENERATION

⑤七輪
今回は、key・ヨウタンの卒業ライブでもあり、涙もありましたが、演奏もメンバーもまとまっていて、とても暖かいステージでした
IMGP4087 (500x332)
IMGP4092 (250x166)IMGP4157 (250x166)
IMGP4148 (166x250)
<セットリスト>
1. シャッター / aiko
2. ずっと / aiko
3. リズム / aiko
4. 陽と陰 / aiko
5. beat / aiko

⑥ミスチルバンド
ヒット曲中心のセットリストに、パワフルな演奏と巧みなMCで、会場全体を巻き込んでいました
客席にも乱入し、ラストはとても盛り上がりました
IMGP4235 (500x332)
IMGP4184 (250x166)IMGP4198 (250x166)
IMGP4195 (250x166)IMG_3537 (250x167)
<セットリスト>
1. ニシエヒガシエ / Mr.Children
2. everybody goes / Mr.Children
3. 未来 / Mr.Children
4. cross road / Mr.Children
5. 箒星 / Mr.Children
E.C. シーソーゲーム / Mr.Children


最後の最後、実行委員まで参加させて頂き、恥ずかしかったけれど、とても楽しかったです
そして今回、なんと来場者数が、過去最高の168人
本当にありがとうございます
この勢いで、これからも盛り上っていきたいと思います
次回第22回J祭でも、ステッカー第二弾がありますよ
今回とはデザインが変わりますので、是非チェックして下さいね

新春特別企画!J-POP「今年もよろししく」大宴会 2012

1月8日(日)にライブハウス窓枠にて『新春特別企画!J-POP「今年もよろししく」大宴会 2012 』が行われました。
J-POPコピーバンドが総勢16バンド。新春早々楽しい大宴会になりました!
出演バンドは以下のとおりでした。(出演順)
・ミスチルバンド
IMG_3102 (1024x683)
・スパルタTA
IMG_3109 (1024x683)
・SKA LOVE IT
IMG_3113 (1024x683)
・K.E.Y
IMG_3126 (1024x683)
・成島夫妻
IMG_3136 (1024x683)
・虎ちゃんバンド
IMG_3142 (1024x683)
・DCN
IMG_3147 (1024x683)
・裏L/B
IMG_3153 (1024x683)
・PAM!
IMG_3161 (1024x683)
・スプリングマン
IMG_3172 (1024x683)
・NARUSHIMA BAND
IMG_3186 (1024x683)
・あわぁぐらす
IMG_3195 (1024x683)
・GRADLOTS
IMG_3202 (1024x683)
・Q蔵
IMG_3218 (1024x683)
・MMR
IMG_3228 (1024x683)
・TRF
IMG_3264 (1024x683)

第20回J-POP祭ライブレポート!

大変遅くなり、すみません
2011年11月12日(土)に開催されました
第20回J-POP祭
~浜松J-POPコピバン大感謝祭!“みんなの笑顔で20マル♪”~
のライブレポートです。
今回は記念すべき第20回ということで、全バンド「シャッフルバンド」
どのバンドも即席とは思えないほど完成度が高くそして楽しいライブとなり、
J-POP祭に新たな伝説が刻まれました
①げっちゅ~
DSC07240.jpg
DSC07176.jpgDSC07295.jpg
1バンド目は『エロティック・ロック』のげっちゅ~
全身ブラックのクールなメンバーの中に全身ピンクで金髪のチャライボーカルが1名のメンバー構成です(笑)
普段はCOLOUR’S GANGでギターのさとちんさんがボーカルを務めたり、
スプリングマンのシンヤさんは1人全身ピンクでラップでMCするなどチャラ男(笑)に
なってたりしましたが、MMRよしのさんと3人でハモったときは迫力満点
シャッフルバンドならではのパート構成で楽しませてくれました
木村カエラver.のRockな「マシマロ」やCoolなギターRockにアレンジされた「青いイナズマ」など、演奏は全くチャラくなく(笑)、とてもカッコ良かったです、「メーン
<セットリスト>
1.マシマロ / 木村カエラ
2.青いイナズマ / SMAP
3.HOT LIMIT / HIGH and MIGHTY COLOR
4.タイミング / ブラックビスケッツ

②ザ・シュークリームス
DSC07414.jpg
DSC07359.jpgDSC07420.jpg
2バンド目はアメリカからやってきた(?)というR&Bバンド、ザ・シュークリームス。
acofaceけんたくんのジャジーなピアノを中心としたハイレベルな演奏をバックに
七輪はじめちゃんボーカルの「スキップ・ビート」でカッコ良くスタート
2曲目の「やさしさで溢れるように」では、かねてから共演したかったという
COLOUR’S GANGあっちゃん&七輪はじめちゃんの2人がお互いに見つめあいながら素敵なハーモニーを披露
3曲目からはDelicious☆☆☆さおりちゃんも加わり、豪華歌姫3人の夢の共演で安室奈美恵から和田アキコまで広範囲な、楽しくそして心地よいR&Bを聴かせてくれました、「ハッ
<セットリスト>
1.スキップ・ビート / Superfly
2.やさしさで溢れるように / JUJU
3.Don’t wanna cry / 安室奈美恵
4.古い日記 / 和田アキコ

③ホストクラブ輝 (ひかる)
DSC07475.jpg
DSC07599.jpgDSC07562.jpg
3バンド目は、J-POP界のイケメン達を揃えたビジュアル系男性ROCKバンド「ホストクラブ輝」
もはやパッと見では誰なのかわからないぐらいに変装した(笑)めぐみさんによる紹介で、イケメン達が登場
まずはB’z好きのオーバさんとめぐみさん、そして第10回でも大活躍のよこたさんの3ボーカルで、B’zの恋心振り付けもあり、1曲目から盛り上がりました
ホストNo.1はK1Rさんによく似たスティーブ(笑)Lくんのショルキーによるギターパート演奏とコラボし、B’z、ラルク、GLAYとDim.では聴けないカッコ良いRockサウンドを披露
ライブ終盤になると輝きもMAXにシャンパン型クラッカーも飛び出し、
やすもとさんのモヒカンも目立たないほどの(笑)エンターテインメント性溢れるライブでした
<セットリスト>
1.恋心 (KOI-GOKORO) / B’z
2.HONEY / L’Arc~en~Ciel
3.Winter, again / GLAY
4.LOVE YOU ONLY / TOKIO

④レバ刺し一番
DSC07630.jpg
DSC07728.jpgIMG_2538.jpg
4バンド目はレバ刺しのようにフレッシュという女子会ポップ「レバ刺し一番」
1曲目はhitomiのLOVE 2000で、女子会らしく元気にカワイくスタート
ボーカル陣は、普段はコーラスのCOLOUR’S GANGさなえもんとMMRオギーさん、
そして七輪ではキーボードだったきょうこさんの3人なのですが、
みんな普段メインで歌っていないのがもったいないほどの歌声で、男性客のハートをロックオン
演奏陣も、1曲ごとに帽子とベースを替えて演奏したおーすかさん始め、終始とても楽しそう
第20回J-POP祭終了後も新年会をやるとのことで、メンバーの仲の良さが伝わる心温まるライブでした
<セットリスト>
1.LOVE 2000 / hitomi
2.Hello, Again ~昔からある場所~ / My Little Lover
3.気分上々↑↑ / mihimaru GT
4.閃光少女 / 東京事変

⑤魁 男盛り (さきがけ おとこざかり)
DSC07835.jpg
DSC07890.jpgDSC07894.jpg
5バンド目は前バンドのカワイらしさから真逆の方向、男衆(臭)のRockバンド「魁 男盛り
所用にて出演できなかった初代総長みうらさん(Lotus)のビデオレターのスクリーンを突き破り、法被姿で男衆が登場
IRYEではギターのじゅんさん、COLOUR’S GANGではドラムのたつやさんのボーカルで、FLOWとSIAM SHADEを立続けに演奏男のRock魂を掴む演奏ということでこれまた男性客のハートをロックオン(笑)
MMRもりちゃんにボーカルチェンジし、そのハイテンションさに「アポロ」がラスト曲だと会場誰もが思ったが、ラストは全員上半身裸となり(誰も求めていない。。)、X Japanの紅を残りの全精力をかけて演奏
「後ろの楽屋で音を聴いているだけでも胸が熱くなった」(byこーじーさん)ほどの熱い、暑苦しい(笑)ライブとなりました
<セットリスト>
1.GO!! / FLOW
2.1/3の純情な感情 / SIAM SHADE
3.アポロ / ポルノグラフティ
4.紅 / X Japan

⑥あげぽよ JAPAN
DSC07911.jpg
DSC07959.jpgDSC07916.jpg
第20回J-POP祭トリを務めるバンドは、紅白歌合戦のようなこれぞJ-POPというセットリストで固めた「あげぽよ JAPAN」
trfのOvernight SensationでスタートYOUさん(Dim.)をメインボーカルに、琴里さん(ちゅちゅLip、ぷぷ☆りっちゅ)、こーじーさん(TRF)がコーラスの豪華3ボーカル思わず踊りたくなります
2曲目はこーじーさんボーカルで何と田原俊彦(笑)からの琴里さんメインボーカルでAKB
これだけのバリエーションのJ-POPができるのはやはりハイレベルな演奏陣あってこそです
この日のためにウッチーがシンセベース、ただでさえキーボード2台を操るふるふるが3台目として足鍵盤を導入したりと、とても華やかな演奏でした
ラストは「WON’T BE LONG」で締めくくったりに思えましたが…
「大物スターが到着しました」とよこたさん。
この流れは第10回で見たような…もしや
s-DSC07991.jpg
こーじーさん扮する和田アキコ登場(笑)
「あの鐘を鳴らすのはあなた」で第20回J-POP祭は盛大に終了したのでした
<セットリスト>
1.Overnight Sensation ~時代はあなたに委ねてる~ / trf
2.抱きしめてTONIGHT / 田原俊彦
3.Beginner / AKB48
4.WON’T BE LONG / EXILE&倖田來未
5.あの鐘を鳴らすのはあなた / 和田アキ子

DSC08016.jpg
ご来場頂いた皆様、出演者の皆様、窓枠スタッフの皆様、そして今回特別に実行委員サポートメンバーとして支えてくれた皆様、本当にありがとうございました
皆様のおかげで、第20回J-POP祭はこのように最高に楽しいライブイベントとして
無事終えることができました
J-POP祭は来年以降も、今度は第30回を夢見て、第21回からスタートしていくつもりです
詳細は決まり次第、このホームページにてアップしていきますので、
来年もJ-POP祭をよろしくお願い致します
それでは皆様、良いお年を

第19回J-POP祭ライブレポート

6月18日(土)に行われた「第19回J-POP祭 ~梅雨空を割って虹を架けよう! カラッとポップな19(ジューク)ボックス♪~」の模様です
①cross rose
cross rose
以前出演していただいた「The Finishing Machines」メンバーが新たに結成したバンド
初々しいVo.さんと安定した楽器隊のさわやかな演奏でした。
1.リルラリルハ (木村カエラ)
2.クラシック (JUDY AND MARY)
3.Can’t escape the chocolate syrup (シャカラビッツ)
4.世界が終わる夜に (チャットモンチー)
5.happiness (木村カエラ)
6.愛迷エレジー (DECO*27)

②IRYE
IRYE
静岡市からの出演。バンドメンバーが増え、さらにパワーアップしてJ祭に帰ってきました
Coccoの世界観を素敵に表現されていました。
1.首。 (Cocco)
2.熟れた罪 (Cocco)
3.雲路の果て (Cocco)
4.あなたへの月 (Cocco)
5.WAY OUT(Cocco)
6.荊 (Cocco)

③Dim.
Dim.
ホストバンドも務めていただいたことのある常連バンド。
お2人のゲストをお迎えしての安定した演奏
MCから仕込みまで、目が離せませんでした(笑)。
1.嵐の素顔 (工藤静香)
2.異邦人 (久保田早紀)
3.Speed メドレー (Speed、ビジー・フォー)
4.カサブランカ・ダンディー (田村直美)
5.Escape (MISIA)

④K.E.Y
K.E.Y
本来リードギターで弾くパートを、ショルダーシンセで演奏してしまうという異色バンド。
どの曲も格好良くて、パワフルなライブでした!!
1.Pleasure~人生の快楽 (B’z)
2.今宵、月が見えずとも (ポルノグラフィティ)
3.ROSIER (LUNA SEA)
4.1/3の純情な感情 (SIAM SHADE)
5.LOVE PHANTOM (B’z)

⑤スプリングマン
スプリングマン
ありそうでなかった完全ユニコーン・コピーバンド
ゆるゆるとしたMCと、馴染みある楽曲のセレクトに、皆の歓声が止まりませんでした。
1.ヒゲとボイン (ユニコーン)
2.おかしな2人 (ユニコーン)
3.WAO! (ユニコーン)
4.デジタルスープ (ユニコーン)
5.大迷惑 (ユニコーン)
6.すばらしい日々 (ユニコーン)

⑥MMR
MMR①
MMR②
MMR③
今回のホストバンド、J祭のカリスマ(!?)、MMR!
アイドルからポップ、ロックまで幅広く演奏され、メンバーの揃ったダンスも軽快、
あっという間のライブでした
1.会いたかった (AKB48)
2.じょいふる (いきものがかり)
3.未来予想図Ⅱ (Dreams Come True)
4.HOT LIMIT (T.M.Revolution)
5.Alright! (Superfly)
6.何度でも (Dreams Come True)
E.C. 会いたかった ~ ヘビーローテーション (AKB48)

※ 実行委員のひとり・めぐみの独断と偏見でつづる第19回J祭ライブレポもあります…。
http://shichirin.exblog.jp/14987931/
今回の来場者数はJ-POP祭史上最高の162名!!
本当にありがとうございました
次回はシャッフルバンド企画が面白い、第20回J-POP祭
「会いたかった~ 会いたかった~ 会いたかった~ YES! 君に~♪」
たくさんのご応募、お待ちしております!!

第18回J-POP祭ライブレポート!

第18回J-POP祭
~サクラ舞う、AOZORAの下、ワニなろう~

まだサクラは全く咲いていませんでしたが(笑)、外の肌寒さが嘘の様に、この日の会場は熱気に包まれていました
早速レポートさせて頂きます

1.ボーンボーン
1曲目から会場はかなりの盛り上がりで、素晴らしいスタートを切ってくれました
皆の知っている曲をロックにアレンジしていて、バラードも、彼らにかかれば全く別モノ
カッコ良かったです
個人的には「カブトムシ」が好きです
途中ドラムさんがギターを弾き、歌も披露してくれました。
彼はお仕事の都合で、今回をもって脱退されてしまうとの事。J祭が良い記念になるといいな。
<セットリスト>
1.すいみん不足/キテレツ大百科より
2.カブトムシ/aiko
3.First Love/宇多田ヒカル
4.Butterfly/木村カエラ
5.愛唄/GReeeeN
6.勝手にシンドバッド/サザンオールスターズ
jpop18th_boneborn1
jpop18th_boneborn2
2.GLADLOTS
いるようでいなかった、90年代バンドブームのオムニバス。
GLAYから始まり、会場のテンションが上がるのが解りました
現在20~30代の「バンド小僧」達には、たまらない選曲です
まだライブ経験の浅いバンドさんだそうですが、会場の熱気に負けず盛り上げてくれました
イケメンボーカリストさんには、終始黄色い(…いや、野太い)声で、声援がありました。
<セットリスト>
1.誘惑/GLAY
2.B.BLUE/BOOWY
3.I for you/LUNASEA
4.世界が終わるまでは…/WANDS
5.彼女のModern/GLAY
6.イチブトゼンブ/B’z
jpop18th_gradlots1
jpop18th_gradlots2
3.にっし~T
懐かしい曲から最近の曲まで、さすがの演奏で聞かせてくれました
本来ならキーボードさんもいるそうですが(しかもバンド名になっている中心人物だそう)、今回はいらっしゃいませんでした。
でもそんな事とは思えない、音の厚みと安定感
ボーカルさんも終始笑顔で、最前列のお客様とも絡み、その辺の「余裕」も感じました。
いろいろ学ぶ所の多いバンドさんでした
<セットリスト>
1.ロックンロールウィドー/山口百恵
2.銃爪/ツイスト
3.学園天国/小泉今日子
4.愛のために/奥田民生
5.ずっと好きだった/斉藤和義
6.サボテンの花/チューリップ
jpop18th_nissyT1
jpop18th_nissyT2
4.かつ坊バンド
こちらもいるようでいなかった、ブルーハーツ・ハイロウズのコピー。
盛り上がったのは言うまでもなく、ステージとお客様との、境の無いライブを見せてくれました
ボーカルさんのカリスマ性も素晴らしかったです
…お客様に引っ張られ、何度も姿が見えなくなっていましたが(笑)
また、震災の事に触れた後の「人にやさしく」は、感慨深いものがありました。
「ガンバレー!」って、素直に言えました
<セットリスト>
1.すてごま/ブルーハーツ
2.電光石化/ブルーハーツ
3.夢/ブルーハーツ
4.1000のバイオリン/ブルーハーツ
5.人にやさしく/ブルーハーツ
6.ダンスナンバー/ブルーハーツ
7.相談天国/ハイロウズ
jpop18th_katz1
jpop18th_katz2
5.シャボン
前回はボーカル&キーボードのアコ・ユニットでしたが、今回はメンバーさんが増え、バンド形式での出演。
とても華やかな雰囲気でした
伸びやかな高音が引き立つ個性的な歌声と存在感、そしてキレイな演奏が会場を包みました
ちなみにボーカルさんはaikoも大好きとの事。
その中でも「風招き」には思い入れがあるそうで、その曲を披露する場がJ祭で良かったなと、思いました
<セットリスト>
1.三国駅/aiko
2.風招き/aiko
3.イナヅマ/Salyu
4.Dramatic Irony/Salyu
5.プラットホーム/Salyu
6.風に乗る船/Salyu
jpop18th_shabon1
jpop18th_shabon2
6.七輪
5バンド目までの熱気を、そのまま自分達のパワーに変えた様な、のっけからパワフルで楽しいステージでした
お客様の盛り上がりも凄く、フロント陣は全員引っ張られていました(笑)
でもそれにも負けないくらい、演奏も素晴らしかったです
バラードもじっくり聞かせてくれ、七輪ファンも本家aikoファンも、大満足のライブだったと思います
ちなみに、本編ラストにトランペットで出演した、リーダーA氏。
彼が出る事は、なんとメンバーも知らなかったそうな(笑)
はじめちゃんのビックリした「二度見」が笑えました。
<セットリスト>
1.キスする前に/aiko
2.赤いランプ/aiko
3.スター/aiko
4・桜の時/aiko
5.be master of life/aiko
en.ボーイフレンド/aiko
jpop18th_7rin1
jpop18th_7rin2
jpop18th_7rin3 jpop18th_7rin4
jpop18th_7rin5 jpop18th_7rin6

お客様、出演者、全員で盛り上げ盛り上がった第18回J祭。
観客動員数も126名と、100人越えを記録しました。
東北地方太平洋沖地震の義援金も、51459円も集まり、皆様の温かい心を充分に感じる事が出来ました。
本当に、どうもありがとうございました&お疲れ様でした
jpop18th_7rin7

第17回J-POP祭ライブレポート!

エイジです。遅くなってすみません
2010年12月4日(土)に開催されました
第17回J-POP祭
~こんばんワニ…って、そんなバーガーな!? AOZORAのもとで逢いましょう~

のライブレポートです。
①渚のバルコニーズ
第17回_渚のバルコニーズ
J-POP祭初出演3ピースバンド。
トップバッターとして、「J-POP祭、始まるよー」という
ハナカミ王子(笑)の掛け声とともにライブをスタートしてくれました
the pillowsを中心とした男らしいRockなセットリストで楽しませてくれました。
<セットリスト>
1.LITTLE BUSTERS/the pillows
2.風の日/ELLEGARDEN
3.カーニバル/the pillows
4.Brand-New Myself~僕にできること/CHARCOAL FILTER
5.夏の朝にキャッチボールを/THE HIGH-LOWS
6.この世の果てまで/the pillows

②あわぁぐらす
第17回_あわぁぐらす
J-POP祭初出演山下達郎と古内東子をコピー。
初ライブ&初出演とはとても思えないハイレベルな演奏
大人なPop曲でお客さんも終始聴き入っていました
今後の活動がとても楽しみなバンドさんです
<セットリスト>
1.Sparkle/山下達郎
2.Peach Melba/古内東子
3.ルール/古内東子
4.いつかきっと/古内東子
5.OK,OK/古内東子
6.Bomber/山下達郎

③DCN
第17回 DCN
J-POP祭初出演3人編成のアコースティック
ドラムが本職のいまいずみさんがメインVo.でハンドマイクで美声を披露
3人でのハーモ二ーもとてもキレイで、アコースティック編成ながらも
歌謡曲、携帯CM曲、女性Vo.曲と幅広く楽しませてくれました
<セットリスト>
1.木蓮の涙/スターダストレビュー
2.私は犬になりたい\490/さだまさし
3.修二会/さだまさし
4.秋桜/さだまさし
5.YELL/いきものがかり

④COLOUR’S GANG
第17回 COLOUR'S GANG
J-POP祭出演2回目の元気な女性Vo.バンド。
今回もかわいらしい衣装でルックスでもお客さんを楽しませてくれました
直前のDCNさんと曲がかぶってしまうとは思いもよらなかったですよね(笑)
ラストのKey.のんちゃんのロリータ・ファッション&デスボイスにみんなビックリ
<セットリスト>
1.Alright!!/Superfly
2.冒険者たち/Do As Infinity
3.YELL/いきものがかり
4.Happiness!!!/木村カエラ
5.一輪の花/HIGH and MIGHTY COLOR

⑤ヒヤリ☆ハット
第17回 ヒヤリ☆ハット
J-POP祭初出演アジカンのコピーバンド。
何と!岐阜県郡上市から参加してくれましたありがとうございます
アジカンのRockな曲を畳み掛けるセットリストで男性客を中心にノリノリでした
バンドメンバーさんも楽しそうに演奏しているのが印象的でした。
<セットリスト>
1.フラッシュバック/ASIAN KUNG-FU GENERATION
2.君の街まで/ASIAN KUNG-FU GENERATION
3.RE:RE:/ASIAN KUNG-FU GENERATION
4.粉雪/ASIAN KUNG-FU GENERATION
5.電波塔/ASIAN KUNG-FU GENERATION
6.N.G.S/ASIAN KUNG-FU GENERATION
7.ループ&ループ/ASIAN KUNG-FU GENERATION

⑥Lotus
第17回 Lotus
J-POP祭出演2回目で今回のホストバンド。Rockな曲を中心にコピー。
Vo.めぐみさんが出産後初のJ-POP祭でしたが、ブランクを感じさせない
見事なステージで盛り上げました受付でお客さんに配布したサイリウムや
エレキギター型クラッカー、スパークバルーンといったアイテムも多く活用し、
終始目が見離せない華やかなライブで第17回のラストを締めくくりました。
<セットリスト>
1.イチブトゼンブ/B’z
2.TREE CRIMBERS/木村カエラ
3.花風/aiko
4.タイムマシンにおねがい/サディスティック・ミカエラ・バンド
5.遠くまで/Do As Infinity
E.C. ENDLESS STORY/伊藤由奈

ご出演いただいた皆様、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました
第18回J-POP祭は、来年の3/26(土)に開催です
来年のJ-POP祭もみなさんに楽しんでいただけるよう頑張りますので
よろしくお願いします
それでは皆様、良いお年を

第16回J-POP祭ライブレポート♪

2010年9月11日(土)に、第16回J-POP祭が開催されました。
お客様も史上最多のおよそ150名を数え、大盛況のJ-POP祭となりました
①BORN×BORN (ボーンボーン)
ボーンボーン
個々のメンバーさんは別バンドで出演経験がありますが、
このバンドとしては、今回が初ライブ
皆が知っているJ-POPをロックアレンジし、
Gt.さんもステージに降りて、堂々のパフォーマンス!!
会場を沸かせました!
<セットリスト>
1.愛唄/GREEEEN
2.カブトムシ/aiko
3.愛のうた/倖田來未
4.もう恋なんてしない/槇原敬之
5.First Love/宇多田ヒカル

②IRYE (アイリー)
アイリー(提供)
静岡市からご参加いただいたCoccoのコピーバンド。
まさにCoccoのライブを見ているような雰囲気があり、
コピーバンドとして、そしてファンとしてのこだわりも感じられたライブでした。
是非、またご出演いただきたいと思います
<セットリスト>
1.けもの道/Cocco
2.水鏡/Cocco
3.風化風葬/Cocco
4.焼け野が原/Cocco
5.カウントダウン/Cocco
6.羽根/Cocco

③Metal Body(メタルボディ)
メタルボディ
Vo.ゆりやっちさん率いる浜田麻里・SHOW-YAのコピーバンド。
とにかく終始、パワフルな演奏!
今回は途中でゆりやっちさんの御子息がベーシストとして登場し、
親子共演を果たしました
<セットリスト>
1.All Night Party/浜田麻里
2.Fearless Night/浜田麻里
3.Paradise/浜田麻里
4.Battle Express/SHOW-YA
5.私は嵐/SHOW-YA

④シャボン
シャボン
今回はロック系バンドがひしめく中で、唯一の
アコースティック・ユニット
での出演となった「シャボン」のお二人。
初J祭ということで緊張した様子でしたが、
歌と鍵盤のみの新鮮なライブに、癒しの時間が届けられました
<セットリスト>
1.風に乗る船/Salyu
2.トビラ/Salyu
3.コルテオ~行列~/Salyu
4.プラットホーム/Salyu
5.Messenger/Salyu

⑤マカロニキングダム
マカロニキングダム
前回はリンドバーグを中心としたオムニバスでの出演でしたが、
今回はSuperflyコピー。
そして、Vo.akiさんがアコギに挑戦する曲もありました。
リリースされたばかりの新曲も披露され、
まるでW杯やお台場イベントに行った気分
<セットリスト>
1.Vancouver/Superfly
2.Skip Beat/桑田バンド
3.愛に抱かれて/Superfly
4.灰色の街/松田優作
5.タマシイレボリューション/Superfly
6.Roll Over the Rainbow/Superfly

⑥Dim.(ディム)
ディム
今回、初ホストを務めて下さいました。
サポートメンバーにMMRのBa.あいちゃん、
ゲストボーカルとしてErikoさんが参加されていましたが、
一体感のある格好良い演奏。最前列で観られるお客様もとても多かったです。
<セットリスト>
1.六本木心中/アン・ルイス
2.翼の折れたエンジェル/中村あゆみ
3.RASPBERRY DREAM/レベッカ
4.BOTTOM LINE/レベッカ
5.LOVE PASSION/レベッカ
E.C. PRIVATE HEROINE/レベッカ

ご出演いただいた皆様、ご来場いただいた皆様、窓枠スタッフの皆様。
本当にありがとうございました。

なお次回は2010年12月4日(土)開催です!
既に募集は始まっています。ご出演を希望されるバンドさんは
お早目に「参加フォーム」からの申し込みを
お願い致します。

第15回 J-POP祭 ライブレポート!

どうも、皆様。お待たせしました
去る6月5日、LiveHouse浜松窓枠にて、第15回J-POP祭が行われました!
ご来場、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!
ライブレポートにて、会場の興奮をお届けします
今回より皆様からのリクエストにお応えして、
セットリストも掲載しています
1) SOLCARA

IMGP6660.jpg アコースティックながらギターが冴える、シックで格好良く演奏されるユニット。 今回は中島美嘉カバーオンリーでしたが、某化粧品CM曲を中心にセレクト。 緊張感ある演奏とは対照的な、掛け合い漫才のようなMCに会場も沸きました。
<セットリスト>
①GAME / 中島美嘉
②BLOOD / 中島美嘉
③FAKE / 中島美嘉
④Love Addict / 中島美嘉
⑤IT’S TOO LATE / 中島美嘉

2) HB

IMGP6689.jpg ありそうでなかったB’zのコピーバンド!! “B’z LIVE-GYM”に行った気分になるようなシングルからアルバム曲まで 豪華な曲の数々に客席からも歓声が上がるほどでした!
<セットリスト>
①DIVE / B’z
②純情ACTION / B’z
③愛のprisoner / B’z
④MY LONELY TOWN / B’z
⑤満月よ照らせ / B’z
⑥熱き鼓動の果て / B’z
⑦愛のバクダン / B’z

3) Colour’s Gang

IMGP6699.jpg 全員赤いリボンをつけて登場した、おそらく平均年齢はかなり低いであろう(笑)というガールズ(でないヒトもいたけれど…)系バンド。メンバー同士、とても仲良くされているのが演奏からも伝わってきて、自然と笑顔になってしまいます。ポップなものからロックなものまで、幅広く演奏されていました。
<セットリスト>
①GLAMOROUS SKY [ENGLISH VER.] / HYDE
②冒険者たち / Do As Infinity
③ジェットコースター / たむらぱん
④春を愛する人 / GLAY
⑤となりのトトロ / Scott Murphy

4) TMF

IMGP6737.jpg 普段は「The Finishing Machines」として活動されていますが、今回はメンバーそれぞれがVo.を担当する見ごたえあるステージ。急遽Vo.さんも登場、すっかり代名詞となった『男女』の歌も披露されました。
<セットリスト>
①線路の上 / LOST IN TIME
②LITTLE BUSTERS / the pillows
③男女 / 太郎
④ばらの花 / くるり
⑤LOVE LOVE SHOW / THE YELLOW MONKEY
⑥HELLO / ユニコーン

5) たまねぎサワー

IMGP6762.jpg 前回はバンド形態で出演された「たまねぎサワー」さんは今回、Vo.&Gt.のユニットで登場。しっとりと聴かせるライブとなりました。実はお二人とも大変緊張されていたそうですが、全く感じさせませんでしたよ。
<セットリスト>
①初恋 / 村下孝蔵
②恋に落ちて / 小林明子
③夜曲 / 矢野真紀
④冷たい花 / the brilliant green
⑤グッド・バイ・マイ・ラブ / アン・ルイス
⑥ら・ら・ら / 大黒摩季

6) TRF

IMGP6763.jpg Ba.さんが急遽、育児休暇(!!)となり、ベースレスでのライブとなったTRFさん。しかし会場を大いに盛り上げ、ホストバンドとしての役目を充分果たしてくれました。
お疲れ様でした!
<セットリスト>
①ぼくのもの(itune Original Ver.) / ウルフルズ
②きみだけを / ウルフルズ
③僕の人生の今は何章目ぐらいだろう / ウルフルズ
④バンザイ~好きでよかった~ / ウルフルズ
⑤いい女 / ウルフルズ

次回の第16回J-POP祭は、9月11日(土)開催です。
既に出演バンドは決定しております。楽しみですね
多くの皆様のご来場をお待ちしております